認知症になった親の預金は引き出しできるの?早めにしたい財産管理法とは

目安時間:約 11分

銀行の預金の引き出しは、本人の「引き出したい」という意思が必要になります。

 

本人から「引き出してほしい」と頼まれればキャッシュカードを使ってATMから預金を引き出すことはできます。

 

また、本人が委任状を作ることができれば、通帳と印鑑を銀行の窓口に持参すれば預金を引き出すことも可能です。

>> 続きを読む

認知症の予防はいつから?大切な人が認知症にならないためにできること

目安時間:約 8分
認知症予防いつから

両親が高齢になってくると、「認知症」にならないか気になってくるのではないでしょうか。

 

高齢の両親が認知症になって、水道の閉め忘れ、火事、徘徊などで、ご近所さんに迷惑をかけないか、詐欺、訪問販売などの被害に遭わないかなど、心配はつきません。

 

「最近、もの忘れが多くて・・・」と聞いただけで、もしかして認知症!?と思ってしまうかもしれません。

>> 続きを読む

タグ: 

カテゴリ:認知症  [コメント:0]

認知症が起こす死亡事故件数は?新しい特約で救われる高齢運転者

目安時間:約 13分

先日、実家に帰ると、玄関で出かける父と会ったのですが、「今から免許の更新に行ってくる」と言って、高齢者講習終了証明書を見せてくれました。

 

80歳になったばかりの父ですが、耳が少し聞こえにくいとは言っているものの、認知症の症状もまだ現れておらず、身体の方は歯が無い以外はいたって健康なんですね。

>> 続きを読む

タグ:  

カテゴリ:認知症  [コメント:0]

認知症で徘徊する人の探し方はあるの?行方不明になる前にできる対処法とは

目安時間:約 12分
孤独老人

寒い夜中にパジャマ姿で徘徊していた高齢女性、真っ暗の公園を歩く高齢男性、深夜にマンションの前で横たわる高齢者など、認知症が原因で徘徊している高齢者に遭遇したことがある人もいるのではないでしょうか。

 

物忘れからはじまる認知症の症状は、妄想や徘徊、服が着れなくなる、トイレがわからなくなるなど、症状はどんどん悪化していきます。

>> 続きを読む

タグ:  

カテゴリ:認知症  [コメント:0]

血糖値スパイクが認知症を引き起こす?朝食を食べない人は要注意!

目安時間:約 13分
血液検査

あなたは血糖値スパイクという言葉を聞いたことがありますか?

 

先日、出勤の用意をしている時に観ていた「健康カプセル!ゲンキの時間」で、血糖値スパイクについて放送されていました。

 

血糖値スパイクとは、血糖値が急激に上がったり、下がったりすることで、潜在患者数は1,400万人いるといわれています。

>> 続きを読む

老老介護と違う認認介護とは?増え続けている認認介護の問題点と対策

目安時間:約 11分
認認介護

先日、実家で敷地内同居をしている義弟から、「母が認知症かもしれない」という連絡があり、話を聞いてみると・・・

 

買い物に出かけた母は途中で財布を義弟に渡しているのに、自分が持っていると思い込んでいたようで、帰宅後に財布が無くなったと大騒ぎになったのです。

 

出かけるときに下駄箱の上に置いたはずなのに・・・と言いながら、最後には義弟が盗ったのではと言いだしてしまいました。

>> 続きを読む

タグ: 

カテゴリ:認知症  [コメント:0]

軽度認知症障害と診断される基準は?診断された6割の人が3年以内に認知症を発症

目安時間:約 14分
軽度認知症障害診断

2018年5月9日、日本人を対象に軽度認知症障害からアルツハイマー型認知症への進行過程の研究結果がアメリカの科学誌に発表されました。

 

発表した研究結果によると、認知症の前段階といわれている軽度認知症障害と診断された人の6割が、3年以内にアルツハイマー型認知症に進行したとされています。

>> 続きを読む

もしかして認知症? 初期にあらわれる症状と気持ちが楽になる接し方

目安時間:約 10分
認証を疑う家族

厚生労働省が行った研究で認知症を発症している高齢者人口の推移によると、2000年は156万人、2010年では226万人、2020年には292万人まで増えると予想されています。

>> 続きを読む

認知症とは?わかりやすく認知症と物忘れの違いを解説!

目安時間:約 9分
認知症と物忘れ

人は年をとればとるほど認知症になりやすく、85歳では4人に1人が認知症になっています。

 

高齢化社会から超高齢化社会と日本の高齢化はどんどん進んでいき、2020年には65歳以上の認知症患者が300万人を超すと推定されています。

>> 続きを読む

認知症は高齢者だけではない!危険なスマホ認知症の診断テストと改善方法とは

目安時間:約 9分
スマホ片手にくつろぐ女性

2007年にアメリカでiPhoneが発売されて11年が過ぎたが、スマートホンは国内外を含めて急速に普及してきました。

 

スマートホンは20代、30代を中心に普及していて、情報端末機器の全体でのスマートホンの保有率は、56.8%を超えて半数以上の人がスマートホンを持っています。

 

スマートホンを利用する時間も10代、20代では一日の平均利用時間も120分を超えていて、全体では平均利用時間は82分になっています。

>> 続きを読む

最新の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
アーカイブ
管理人プロフィール

このブログでは、7年間で300件以上の介護リフォームを経験してきた私が、介護リフォームで注意すべきことや気をつけたいこと、失敗例や成功例など、実体験を通して学んだことや施工写真を交えながら介護リフォームについてお伝えしていきます。

詳しいプロフィールはコチラ⇒

ページの先頭へ