介護保険のみなし2号とは?加入していなのに介護サービスが受けられるみなし2号の秘密を解説!

目安時間:約 8分

介護保険のみなし2号という言葉を聞いたことがありますか?

 

介護保険のみなし2号とは、介護保険に加入をしていないのですが、介護保険の第2号被保険者とみなして、介護サービスを受けることができるということになります。

 

 

介護保険に加入していないのに、介護保険のサービスが受けられるというのは、何かおかしな感じがしますよね。

 

この記事では、介護保険のみなし2号がどういったことなのか、介護保険の被保険者、介護保険のみなし2号について解説していますので、介護保険のみなし2号の意味がよく分からないという人は参考にしてみてください。

 

Sponsored Links

 

 

介護保険の被保険者

40歳を超えると医療保険とは別に介護保険に加入することになります。

 

介護保険は、介護を必要とする人を支える家族の負担を減らして、社会全体で介護を支えていくことを目的として、2000年に始まった介護保険制度になります。

 

介護保険の被保険者には、65歳以上の第1号被保険者と40歳から64歳までの第2号被保険者に分けられます。

 

第1号被保険者

第1号被保険者とは65歳以上の人で、原因に関係なく要介護または要支援の認定を受けると、介護サービスを受けることができます。

 

介護保険料は、年金から天引きされるのが原則で、65歳になった月に市区町村からの保険料徴収が始まります。

 

また、65歳になると、市区町村から介護保険被保険者証が送られてきますが、介護保険被保険者証が届いたからと言って、すぐに介護サービスを受けることはできず、介護サービスを受けるには介護認定を受けることが前提条件になります。

 

第2号被保険者

第2号被保険者とは、40歳から64歳までの人のことで、40歳になると自動的に第2号被保険者になり、65歳なると自動的に第1号被保険者に切り替わります。

 

介護保険料は、40歳になった月から公的医療保険料と一体的に徴収されるようになります。

 

健康保険に加入している人は、医療保険と同様に、被保険者と事業主とで1/2ずつ負担することになり、国民健康保険に加入している人は、国民健康保険料と一体的に徴収されます。

 

第2号被保険者が介護サービスを受けるには、要介護または要支援になった原因が、老化に起因する疾病でなければなりません、

 

老化に起因する疾病は特定疾病とよばれ、16種類の疾病が特定疾病に指定されています。

 

介護保険を利用できる年齢、要件については、こちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

【介護保険を申請できる年齢は?介護保険が利用できる年齢と要件を徹底解説!】

 

Sponsored Links

 

介護保険のみなし2号

護保険には、第1号被保険者、第2号被保険者の2種類の被保険者に分けられていることについてみてきましたが、ここからはみなし2号についてみていきます。

 

「2号」については理解していると思いますので、「みなし」についてみていきます。

 

「みなし」とは、仮定するということで、「みなし2号」とは、第2号被保険者として仮定することになります。

 

第2号被保険者は、公的医療保険料と一体的に介護保険料を徴収されるので、公的医療保険に加入していることが要件になります。

 

みなし2号は、公的医療保険に加入していない人のことで、40歳から64歳までの生活保護受給者の人が該当することになります。

 

みなし2号の特徴

みなし2号の人の介護保険被保険者証に書かれている介護保険被保険者番号は、先頭に「 H 」が付くのが特徴になりますが、受ける介護サービスなど基本的には扱いは同じになります。

 

介護保険のみなし2号の人は介護サービスを利用できるのですが、生活保護者になるので、介護保険の担当部署が対応するのではなく、生活保護を担当する部署が対応することになります。

 

介護保険では、介護保険を運営する市区町村が7割から9割を支給し、残りの1割から3割を介護サービスを受ける利用者本人が自己負担をしますが、介護保険のみなし2号の場合は、介護保険からではなく、生活保護費の介護扶助として、生活保護から10割支給され、自己負担無しで介護サービスを利用できるのです。

 

また、介護保険のみなし2号の人が65歳になると、自動的に第1号被保険者になるので、「みなし」は消えてしまいます。

 

介護保険みなし2号のまとめ

ここまで、介護保険のみなし2号がどういったことなのか、介護保険の被保険者、介護保険のみなし2号について解説してきました。

 

まとめると以下の6点になります。

 

介護保険の被保険者は、65歳以上の第1号被保険者と

   40歳から64歳までの第2号被保険者に分かれる

 

介護保険のみなし2号は、第2号被保険者で生活保護受給者になる

 

介護保険のみなし2号の人の被保険者番号には、先頭に「 H 」がつく

 

介護保険のみなし2号の人は、生活保護を担当する部署と連携することが重要

 

介護保険のみなし2号の人は、自己負担無しでサービスを利用できる

 

65歳になると、「みなし」が消えて、自動的に第1号被保険者になる

 

 

介護保険のみなし2号の人が受ける介護サービスは、通常受ける介護サービスと内容が変わることはなく、変わるのはお金の出どころが介護保険からではなく生活保護費からということです。

 

生活保護は、生活扶助、住宅扶助、教育扶助、介護扶助、医療扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8つの扶助で構成されていて、最低限度の生活の内容として、介護サービスを受けることができる介護扶助が保障されるようになりました。

 

このように介護保険に加入していなくても「みなし2号」という認定があれば介護保険の介護サービスは利用できるので、生活保護を受けているから介護サービスは受けられないと思わず、市区町村の生活保護課のケースワーカーさんに相談するようにしてみてください。

 

 

今回は「介護サービスが受けられるみなし2号」について紹介してきましたが、
「介護認定を受けるまでの手続きと流れ」についても以下の記事にまとめてあるので参考にどうぞ。

 

⇒介護認定の流れはどうなってるの?認定を受けるまでの手続きと流れを徹底解説

comment closed

よく読まれている記事
カテゴリー
Sponsored Link
アーカイブ
管理人プロフィール

このブログでは、7年間で300件以上の介護リフォームを経験してきた私が、介護リフォームで注意すべきことや気をつけたいこと、失敗例や成功例など、実体験を通して学んだことや施工写真を交えながら介護リフォームについてお伝えしていきます。

詳しいプロフィールはコチラ⇒

ページの先頭へ