介護保険でヘルパーができないことって何?できるできないを解説!

目安時間:約 4分

介護保険を利用して受けられるサービスとして、訪問介護があります。

 

訪問介護は、ホームヘルパーがご家庭に訪問し、身体介護や生活援助などを行なうサービスです。

 

訪問介護のサービスは、介護保険内でできること・できないことが決められています。

「できないこと」をお願いしてもホームヘルパーはサービスを提供することができません。

 

ですので、サービスを依頼する私たちは、何ができることで、何ができないことなのかを理解しておく必要があります。

 

 

Sponsored Links

 

介護保険内でヘルパーができること・できないこと

介護保険でできる訪問介護サービス

 

介護保険サービス内で受けられる生活援助の例

 

● 食事の調理・片付け(利用者の分のみ。同居する家族分は不可
● 生活必需品の買い物(食料品や日用品など、生活に必要不可欠な買い物の付き添い、代行)
● 利用者の生活スペースの掃除
● お風呂掃除
● ポータブルトイレの掃除
● ゴミ出し
● シーツ交換
● 布団干し 等

 

介護保険サービス内で受けられる身体介護の例

 

● 入浴介助
● 食事介助
● 着替え
● おむつ交換やトイレへの誘導などの排泄介助
● 車椅子やベッドへの移乗や、移動の際の介助
● 服薬介助 等

 

Sponsored Links

 

介護保険でできない訪問介護サービス

介護保険で受けられるサービスは、利用者が日常生活をしていく上で必要不可欠なサービスのみとなります。

したがって、それ以外のサービスは介護保険では利用することができません。

 

利用者への援助ではなく、その家族に対する援助
利用者の日常生活に必要不可欠ではない援助

 

介護保険内では行えないサービスの例

 

● 家族分の食事の調理や衣類の洗濯
● 散歩の付き添い
● ペットの世話、散歩
● 庭の手入れ
● 利用者の生活スペース以外の掃除
● 窓拭き 等

 

訪問介護を利用する際には、ケアマネージャーがケアプランを作成します。

 

訪問介護でヘルパーが行えるサービスは、ケアマネジャーが利用者の状態や状況に合わせて必要なサービス提供を計画した「ケアプラン」に書かれている内容です。

 

ケアプランに記されていないサービスは、提供することができません。

 

しかしながら、利用している私たちの状況が変化したり、現場目線で必要なサービスなども出てくるかもしれません。

 

その際には、ホームヘルパーに話をしたり、担当ケアマネージャーに相談してみましょう。

 

また、自費であれば対応可能なサービスもありますので、疑問に思ったことは気軽に相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

 

訪問介護の際にホームヘルパーができること・できないことについてよく理解することで、サービスを利用する側と提供する側が、お互い気持ちの良い関係を作ることができます。

 

介護保険を上手に活用し、利用者の生活の質を上げたり、介護する人の負担軽減に役立ててくださいね。

 

今回は「介護保険でヘルパーができることできないこと」について紹介してきましたが、
「介護保険サービスの種類」についても以下の記事にまとめてあるので参考にどうぞ。

 

⇒介護保険サービスの種類は?効率よく利用するために一覧にまとめてみました!

comment closed

よく読まれている記事
カテゴリー
Sponsored Link
アーカイブ
管理人プロフィール

このブログでは、7年間で300件以上の介護リフォームを経験してきた私が、介護リフォームで注意すべきことや気をつけたいこと、失敗例や成功例など、実体験を通して学んだことや施工写真を交えながら介護リフォームについてお伝えしていきます。

詳しいプロフィールはコチラ⇒

ページの先頭へ